北きつね牧場


北海道北見市にある北きつね牧場は、1983年に誕生したきつねたちの楽園です。
敷地の中を北きつねや十字ぎつねといった、北海道でしか出会えない固有種が自由に歩き回り、
ドキュメンタリー番組で見かけるような野生の姿からはちょっと想像のできないのびのびとした
姿に誰もが癒される場所。旅するとたくさんの野生のきつねに遭遇する機会がありますが、
北きつねとの間近での触れ合い、北きつねたちと見つめ合える時間は、北海道広しといえども
この北きつね牧場でしか訪れません。

 

北きつね牧場

北海道にしかいないキツネ「​北きつね」

 

北きつねは、本州・四国・九州に生息するホンドギツネよりも全体的にやや大きく、耳の裏と四肢の足首の部分が黒い。北海道・樺太および周辺島嶼に生息するアカギツネの亜種です。
北海道の平地から高山帯まで、広く生息しています。野生の世界ではネズミや鳥類、昆虫 などを主食とし、秋には果実や木の実も食べます。哺乳類の中では珍しく夫婦で子育てをすることで知られており、繁殖期・生育期には家族の仲睦まじい姿を見ることができます。雪解けが終り、暖かくなる頃に出産、秋の終わり頃に子別れをします。

 

北きつね牧場

北きつね牧場のエキノコックス対策は万全です。

 

北きつね牧場では、動物たちやスタッフ、そして何よりご来場される皆さまの安全のために、エキノコックス感染症の対策を万全に施しております。ご安心してお越しください。エキノコックスについて

 
 
 
 
 

 

北きつね牧場

SNSでも大人気!えぞたぬきファミリーも​活躍中★

 

北きつね牧場をSNSやネット上で一度でも見たことのある方は、「北きつね牧場なのにたぬき!?」と驚かれたでしょう。そう、当牧場にはきつねの他に、たぬきファミリーが同居しております。夏毛になってもまるまるコロコロとしたタヌキたち。とても恥ずかしがり屋なので、よく見える場所まで出てきてくれたらあなたはとってもラッキーです!!

 

北きつね牧場
Who am I?

北キツネ牧場に住む50匹余りのきつねとたぬきたち。
みんなにはちゃんと名前がついています。
お気に入りのあの子の名前、わかるかな?

北キツネ牧場のほんの一部のメンバーですが、ご紹介します。
​(写真にタップしたり、カーソルを合わせると名前がわかります)



  • 他にもたくさんのきつねたちがお出迎え❤
    きつねやたぬきたちの「いま」は
    ​公式Twitterでチェックしてね!!


    真夏の北きつね牧場は緑あふれる爽やかな空間。北海道の夏は湿気がなくとても過ごしやすいのです。みなさんはこの舗装された道を歩いてくださいね。
    北きつね牧場
    北きつね牧場
    夏毛のきつねはとってもスリム! あまりにもスリムなので、ごはん食べてないのでは?と心配される事もありますが、ご安心ください。元々こんなにスレンダーなのがキツネなのです。逆に冬は極寒に耐えられるよう体毛でモッフモフになるので、太りすぎでは?と心配されます。体重は同じなんですよ…!
    北きつね牧場
    北きつね牧場
    左の方は、きつねたちのアイドル・当牧場の社長です。誰が手を伸ばしてもこんな風に大人しくなでなでさせてくれるとは限りませんのでご注意を‥。気持ち良さそうな顔を見ているだけで癒されます。

     

    北きつね牧場
    通路を進んでまっすぐ行くと、左側に「北きつねの木」があります。ぜひ「北きつねの木」を見上げてみてください。(まさか…!な場所でお昼寝をしているので、木の上のキツネに気付かず帰ってしまうお客様が多いです)
    イソップ童話に出てくるきつねはぶどうに届かなくて苦労しますが、きつねの中には木登りが得意な子もいるんです。得意どころか‥木陰が涼しくて気持ち良いのか、孤独癖があるのか、枝の上でぐっすり眠っていたりします。

     

    北きつね牧場
    自然災害により参道が崩れ現在は閉鎖されていますが、鳥居の奥には山上に向かって「北きつね神社」へ通じる階段がありました。牧場入ってすぐのところにある鳥居とお賽銭箱の周囲には、いつでも神の使いの如ききつねたちがくつろいでいます。
    ​山への参道はチラリと伺えませんが、北きつね神社の神様は、今でもきつねたちを見守ってくれています。
    冬の​北海道といえば雪景色。厳しい寒さの中でもたくさんの愛情をもらって、元気にのんびりと暮らすきつねたち。
    ​社長が現れると我先にと駆け寄り飛び乗るその姿は、まるでサーカスのよう!
    北きつね牧場
    もふもふアピール!!
    北きつね牧場
    北きつね牧場
    いつも身を寄せ合ってる仲良しのたぬきファミリー。きつねとたぬきというと、そのまんま童話の世界のようです。
    北きつね牧場

     

    WOULD YOU LIKE
    the EZO RED FOX FARM

     


    Although many foxes live in Hokkaido as well, observe habits of foxes is quite difficult everywhere.
    “Kita-Kitsune Bokujo” offers letting foxes loose in the farm so that very cute scenes such as grooming, napping, fighting between brother can be seen close distance from you.
    You also observe in here Racoon Dogs live together.
    北きつね牧場
    Total area: 60,000 square meters
    Number of grazing animals: About 50 northern foxes
    Address: 52-1, Hanagaoka, Ruben-cho, Hokkaido,Japan
    TEL 0157-45-2249
    FAX 0157-45-3228
    E-MAIL fox.110@circus.ocn.ne.jp
    Opening hours:
    May – October 9:00 – 17:00
    Last admission is at 16:30
    北きつね牧場
    Feel free to follow me!!❤